採用情報 Company


  • 新卒採用ボタン
  • キャリア採用ボタン
社員メッセージ
  • 社員メッセージ1
  • 社員メッセージ2
  • 社員メッセージ3
  • 社員メッセージ4
  • 社員メッセージ5
岸田 絵里子

Message3

ITと金融の両方の知見を駆使して
営業店の実務をがっちりと支える。

岸田 絵里子
2014年入社 開発第二部第二課
社会情報学部社会情報学科卒


専門知識を着実に学べる環境が整う。

商工中金は全国、海外を含め100店舗以上の営業店ネットワークを広げています。各店舗では多種多様な情報システムを駆使して円滑に業務を遂行していますが、その中でも私は営業店向けの「収支管理システム」の開発と保守を担当しています。少々わかりにくいと思いますが、取引先や営業店ごとの収支を算出するシステムであり、営業から事務まで営業店の様々な立場の方々に利用していただいている、影響力の非常に大きなシステムです。
もともと大学の講義の一環でプログラミングに触れていたこともあり、ITに関しては興味を持って就職することができました。そんな私にとって高い壁となったのは、金融に関する知識です。営業店の業務に直結するシステムだけに、このチームのメンバーは金融に関する豊富な知識がいっそう強く求められます。初めは分からないことだらけでしたが、若手社員に向けた勉強会など、社内に学びを深める場が多くあったことが大きな支えとなりました。また、OJT担当の先輩には、1時間近くかけてじっくりと解説していただいたこともあり、温かみあふれる職場のみなさんにはいつも助けられてばかりでした。

「使いやすくなったよ」の声が励みになる。

2年目になった頃、収支管理システムの高度化案件がスタート。私はその方向性を決定づける要件定義や設計というフェーズを経験しました。商工中金の担当者と入念に打ち合わせをするという日々を通して、システム全体を俯瞰してみる目を養うことができました。一方、2年目の後半には別のシステムの高度化案件に参画。今度は下流部分のプログラミングとテストを繰り返していくことになりました。1年間で上流から下流まで一通り経験できたことは、自分の中で貴重な財産となりました。
印象に残っているのは、2年目後半の案件です。今まで使ったことのないプログラム言語での作業でしたので困難が多く、開発中は苦しいと感じることもありました。ただその後、商工中金の営業店を研修訪問した際、職員のみなさんにシステムの感想をお聞きしてみると「前よりも本当に使いやすくなった」という反応が返ってきました。微力ながらも誰かの役に立つことができたと実感できて、この仕事がさらに魅力的に感じるようになりました。
一方、「知りたい情報が複数画面に分かれており、照会に時間がかかる」との厳しい声もいただきました。時間にして数秒ですから、開発側である私の感覚では、気になるほどの時間ではありませんでした。しかし、現場ではその2~3秒が業務に影響することもあるのです。ユーザー目線を忘れずに、これからも自分を磨いていこうと思っています。


学生のみなさんへ〜

私自身の1年目の頃を振り返ると、「なぜこの機能追加が必要とされているのか」「この改善により、どのような効率化がなされるのか」などといった、「案件の本質」を理解しないまま仕事を進めていた気がします。しかし、3年目になると何事に対しても「なぜ」「どうして」を自分なりに考えるようになりました。システムエンジニアという仕事は、キャリアを積めば積むほど物事を突き詰めて考えていく姿勢が問われます。だからこそ、細かい部分まで手を抜かずに考え抜ける人ならば、文理の関係なく活躍できるのだと思っています。

岸田 絵里子